診療設備

銅町クリニックの施設紹介

正面入口

正面入口

入口ロータリー

入口ロータリー

受付

受付

待合室

待合室

診察室入口

診察室入口

診察室

診察室

視力検査室

視力検査室

処置室

処置室

コンタクトレンズ練習室

コンタクトレンズ練習室

暗室検査室

暗室検査室

診察設備

スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮顕微鏡検査)

角膜内皮顕微鏡検査

角膜内皮細胞の数を測定する器械です。
角膜内皮細胞の数が極端に減少すると角膜の透明性が失われて、視力が損なわれてしまいます。

ノンコンタクトタイプトノメーター(非接触式眼圧計)

非接触式眼圧計

眼圧計は、緑内障の診断・スクリーニングに使用します。
非接触型眼圧計は目に直接触れませんので、結膜炎などの感染の危険性が少なく安全な装置です。

オートケラトレフラクトメータ(屈折検査装置)

屈折検査装置

眼の屈折状態の確認や、メガネ・コンタクトレンズ処方の際に用います。

細隙灯顕微鏡

細隙灯顕微鏡

医師が直接眼部を観察する装置で、眼科の検査では基本的かつ最重要な装置です。

3次元眼底像撮影装置

身体の断層を観察できるCTと同じで、眼の網膜の断層を観察できる検査器械です。
X線を用いるCTとは違い、光の反射を用いて断層像を映し出します。

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計

視野と呼ばれる見える範囲を調べる装置です。眼球のみならず、脳や視神経の異常により視野に変化が現れます。

ハンフリーフィールドアナライザー(自動視野計)

自動視野計

緑内障や頭蓋内疾患等の診断補助や経過観察を比較的短時間で検査できます。
緑内障の経過観察に非常に重要な検査です。

眼底カメラ(フルオレセイン、ICG蛍光眼底撮影装置)

眼底カメラ

眼の奥を撮影する装置です。加齢黄斑変性の正しい治療方針を決めるために必須である、ICG蛍光眼底撮影装置も搭載しています。
詳しくは「加齢黄斑ドットコム」をご覧ください。

オフサルミックレーザー

眼底カメラ

最新の緑内障治療と白内障治療に対応した器械です。

網膜光凝固装置

網膜光凝固装置

網膜の病気をレーザーで治療する装置です。

光線力学的療法用レーザー

光線力学的療法用レーザー

加齢黄斑変性治療の選択肢の一つとして必須の装置です。治療には認定医資格が必要です。
詳しくは「眼科PDT研究会」をご覧ください。

美畑町本院

 

9:00〜12:30

×
14:00〜17:30 × ×

住所:山形市美畑町11-11
電話:023-622-3711
FAX:023-622-3712
アクセスはこちら

銅町クリニック

 
9:00〜12:30×
14:00〜17:30×
※水曜午後は15:00~18:30まで

 

住所:山形市銅町1丁目6-35
電話:023-664-1310
アクセスはこちら

山形コンタクトレンズセンター

ページトップへ